北海道韓国学園|受講料が安く韓国語が学べる|札幌市中央区

韓国や韓国文化に慣れ親しんでいただくためによりよい友好関係を築くことを目指しています。

ホームブログ ≫ ことわざ・慣用表現 ≫

ブログ

입에 침이 마르다

本

입에 침이 마르다
(口の唾が渇く)
   

唾が渇いてもう出ないほど「繰り返し言う」「しきりに言う」ことをさします。
絶賛するという意味で誰かを褒める場面でよく使われます。日本語の「口を極めて褒める」のように、ありったけの言葉で褒めちぎるというニュアンスです。
また、ネガティブな意味として、くどいほどしつこく言う場合にも使われます。

 

2024年05月22日 10:30

지렁이도 밟으면 꿈틀한다

本

지렁이도 밟으면 꿈틀한다
(ミミズも踏めばぴくりとうごめく)
   

ミミズのように小さいものや弱いものにも感情や意地があるので馬鹿にしてはならないという意味で、人を見下さないようにと戒める言葉です。
日本語の「一寸の虫にも五分の魂」と同じ意味合いです。

 

2024年05月15日 10:30

미운 놈 떡 하나 더 준다

本

미운 놈 떡 하나 더 준다
(憎らしい奴に餅をもう一つやる)
   

미운 놈は「憎らしい人」「悪さばかりするいたずらっ子」「失敗ばかりする子」のことです。
「気に入らない振る舞いをする人に良くしてあげ、仲良く過ごして良い感情を持つようにすべきだ」「悪さやいたずらをする子ほど良くしてあげると良い子に育つ」という意味です。

2024年05月08日 10:30

한눈을 팔다

本

한눈을 팔다
(一つの目を売る)
   

팔다には「売る」以外に「目をそらす」「気を取られる」の意味があり、한눈とともに使うと「よそ見をする」という意味になります。
両方の目で見るべきものをしっかり見るのではなく、한눈「一方の目」をそらす、つまり「よそ見をする」というイメージで考えると分かりやすいでしょう。

2024年02月21日 10:30

하룻강아지 범 무서운 줄 모른다

本

하룻강아지 범 무서운 줄 모른다
(生まれて間もない子犬は虎が恐ろしいことを知らない)
   

하룻강아지は「子犬」を意味しますが、社会経験が浅い頭でっかちな人を皮肉る言葉でも使います。日本語の「青二才」のイメージです。
相手の強さを理解せず、無謀にも立ち向かう様子を例えた表現です。
日本語の「怖いもの知らず」にあたります。

2024年02月07日 10:30

점을 찍다

本

점을 찍다
(点を押す)
   

いくつかの選択肢の中で、これだと思うものに「点」점を「押す」찍다、つまり「印をつける」という意味で、日本語の「心に決める」「目星(目)をつける」に当たります。

2024年01月31日 10:30

웃는 낯에 침 못 뱉는다

本

웃는 낯에 침 못 뱉는다
(笑う人に唾は吐けない)
   

「にこやかに笑顔で対応してくれる人にはひどいことはできない」という例えです。
笑顔が幸せを呼ぶ表現として「笑う家に福がある」웃는 집에 복이 있다があり、日本の「笑う門には福来る」にあたります。

2024年01月24日 10:30

수박 겉 핥기

本

수박 겉 핥기
(すいかの皮を舐めること)
   

「上っ面だけで見て分かったような気になること、生半可な知識を持つこと」を ” すいかの美味しい中身を食べずに硬い皮を舐めているだけだ ” と表現しています。
舐めているだけで核心に到達していないというイメージは、日本語の「なまかじり」と共通していますね。

2024年01月17日 10:30

새해 복 많이 받으세요

새해_コピー

새해 복 많이 받으세요
(あけましておめでとうございます)
   

日本語の「あけましておめでとうございます」を意味しますが、直訳すると「新年の福を沢山受け取ってください。」という意味になります。
日本では年末年始の挨拶が異なりますが、韓国では年末年始問わず「새해 복 많이 받으세요」を使います。
今年も皆様にとって素敵な一年になりますように!





 

2024年01月10日 10:30

씨름을 하다

本

씨름을 하다
(相撲をする)
   

この表現は実際に「相撲を取る」以外に、困難に対して「諦めずに真剣に取り組む、格闘する」という意味でも使います。
何かを克服したり成し遂げるために、真剣にものごとに向き合う様子が伝わる表現です。
日本の相撲とは違いますが、韓国でも昔から祭りの場などで
씨름という相撲が親しまれてきました。

2023年12月27日 10:30

在日本大韓民国民団 北海道地方本部
北海道韓国学園

〒064-0809
札幌市中央区南9条西4丁目1-7
韓国文化会館 7階
受付時間 10:00~18:00(12:00~13:00除く)
定休日  月曜・土曜・日曜・祝日

アクセスはこちら

サブメニュー