北海道韓国学園|受講料が安く韓国語が学べる|札幌市中央区

韓国や韓国文化に慣れ親しんでいただくためによりよい友好関係を築くことを目指しています。

ホームブログ ≫ ことわざ・慣用表現 ≫

ブログ

천 리 길도 한 걸음부터

本

천 리 길도 한 걸음부터
(千里の道も一歩から)


「千里」とは非常に遠いこと、遠大なもののたとえで、日本語の「千里の道も一歩から」と同じです。
千里もある遠い道のりであっても、まず一歩踏み出すことから始まるという意味で、「どんなことであれ、最初の一歩を踏み出すことが重要である」ことをさしています。

2023年02月15日 10:30

윗물이 맑아야 아랫물이 맑다

本

윗물이 맑아야 아랫물이 맑다
(上流の水が清くてこそ下流の水が清い)


ここでいう「上流」は目上の人を、「下流」は目下の人をさします。つまり、「目上の人の行いが清ければ目下の人の行いも清くなる」という意味です。
「目上の人が目下の人に見本を見せるべきだ」という、上に立つ者のあり方を説いた教訓的な表現です。

2023年02月08日 10:30

뛰는 놈 위에 나는 놈 있다

本

뛰는 놈 위에 나는 놈 있다
(走る奴の上に飛ぶ奴がいる)


歩くより走ったほうが速く、走るよりは飛ぶほうが速いように、どの分野ににも「上には上がある」という意味です。
勝ちにおごることなく、うぬぼれず謙虚になるよう戒めることわざです。

2023年02月01日 10:30

한배를 타다

本

한배를 타다
(一つの船に乗る)


いったん船に乗って出航すると、嵐が来ようが海賊に襲撃されようが、「一つの船」한배、つまり「同じ船」に乗りこんだ人々は同じ運命を受け入れるしかありません。

そこから、「運命をともにする」ことのたとえとして使われます。チームが一丸となって、目的の達成に向けて努力するときなどにもぴったりの言葉です。

2023年01月25日 10:30

애를 쓰다

本

애를 쓰다
(苦労を使う)


애には「気遣い」「(心身の)苦労」や「心をくだくこと」など、日本語ではひと言で表せない幅広い意味があり、「使う」쓰다とともに使うと、「力を尽くす」「努力する」「がんばる」といった意味になります。

2023年01月18日 10:30

이웃사촌

本

이웃사촌
(隣のいとこ)


사촌は血の繋がった「いとこ」のことですが、身内同然の付き合いをしている親しい人のこともさします。

이웃사촌は、「隣の」이웃と「いとこ」사촌を合わせた言葉で、本当の兄弟のように親しく、家族同様の付き合いをしている親しい人のことをいいます。

2023年01月11日 10:30

고생 끝에 낙이 온다

本

고생 끝에 낙이 온다
(苦労の果てに楽が来る)


「困難なこと、苦労があっても最後には必ずいいことがある」という意味です。
日本語では「楽あれば苦あり、苦あれば楽あり」「楽は苦の種、苦は楽の種」といいますね。人生は楽しいことと苦しいことが隣り合わせです。

2022年12月21日 10:30

남의 떡이 커 보인다

本

남의 떡이 커 보인다
(人の餅は大きく見える)


同じ餅を食べていても相手のほうが大きくておいしそうに見える、つまり「他人のものは良く見える」という意味で、人のものをうらやましく思うときに使います。

2022年12月14日 10:30

발등에 불이 떨어지다

本

발등에 불이 떨어지다
(足の甲に火が落ちる)


足の甲に火が落ちたら、当然ながら早くどうにかしなければなりません。
これは「緊急なことが目の前に差し追った状況」を表す表現で、日本語の「尻に火がつく」「切羽詰まる」といった意味で使われます。「足の甲に火がつく」발등에 불이 붙다(パㇽトゥンエ プリ プッタ)ともいいます。

2022年12月07日 10:30

비행기를 태우다

本

비행기를 태우다
(飛行機に乗せる)


文字どおり「飛行機に乗せる」という意味のほか、「人をおだてる」「持ち上げる」というたとえで、日常生活の中でよく使う表現です。
日本語の「よいしょする」「おだてる」などと同じ意味です。

2022年11月30日 10:30

在日本大韓民国民団 北海道地方本部
北海道韓国学園

〒064-0809
札幌市中央区南9条西4丁目1-7
韓国文化会館 7階
受付時間 10:00~18:00(12:00~13:00除く)
定休日  月曜・土曜・日曜・祝日

アクセスはこちら

サブメニュー